12月24日(日)9時より、公民館で今年も「本庄子ども会連合会」主催で餅つき・しめ縄作りが開催されました。子どもから大人まで500人近くが集まりました。2つのグループに分かれ、前後半入れ替えで餅つきとしめ縄作りを体験しました。
 当日は、「本庄自主防災活動協議会」も同会場で豚汁の炊き出し訓練を実施し、参加者にあたたかい豚汁を振る舞いました。

dc012323.JPG餅つきは、本庄小学校PTA父親委員さんに指導していただきました。
dc012328.JPG出来上がった餅は、きなこ、砂糖醤油、あんこ、おろし大根をつけていただきました。今年は、西九州短大の学生さんや城西中学校の生徒さんもボランティアとして参加されました。

dc012339.JPGしめ縄は、老人会、自治会長会、民生委員などの地域の方々の手助けで作り上げました。できたしめ縄の一部は、子どもたちによって町内の独居老人宅にプレゼントされました。

dc012304.JPG今年の炊き出しは、材料の下準備等、「本庄自主防災協議会」の男性の手で行われ、食改の女性も手伝い、訓練の意味合いを深めた活動となりました。