金立:

講演会「すい臓がんの妻を看取って」開催しました。

金立公民館

金立公民館

5月22日に青少年健全育成会と社会人権同和教育推進協議会の総会が行われ前年度の事業報告、新年度の事業計画等が審議されました。総会終了後には両団体合同で研修会を開催、公民館サークル講師の宗俊朗さんによる講演「すい臓癌の妻を看取って」が行われました。病気の発覚から在宅で看取るまでの8ヶ月間について、病状の変化や看護の記録、妻との会話、その時々に家族として感じたことなどを丁寧に紹介されました。「在宅での看護は大変なこともあったが、周囲の人にも支えてもらいやり遂げることができた。妻との最後の時間を有意義に過ごすことができた。全く後悔はない」とお話しされました。講演会に参加した約70人が、在宅での看護、家族や自分の最期にどう向き合うか、について考える貴重な機会になりました。
CIMG1662.JPGCIMG1666.JPG