地域紹介

    ​ ​

神野校区コミュニティについて

設立総会の様子 「神野まちづくり協議会」が平成26年6月26日、神野公民館で開かれた設立総会で設立されました。設立総会では、会則、今後の活動方針、予算、役員人事などが決まりました。
 この会は「つながろう!輪になろう!支えあうまち神野」を目標に掲げ、神野校区に住んでいる人たちがお互いに交流と親睦を図り、豊かで住みやすいまちづくりに取り組もうというものです。
 この目的を実現するため「集い・交流の盛んなまちづくり部会」「子育てしやすいまちづくり部会」「ご近所で支えあうまちづくり部会」「次の担い手が多いまちづくり部会」「防犯・防災意識の高いまちづくり部会」の5つの専門部会が設けられ、それぞれの部会構成員も決められました。

「協議会の設立に当たって」
神野まちづくり協議会 会長 馬場 久雄
 座談会で出された皆さんの意見をもとに「つながろう!輪になろう!支えあうまち神野」をまちづくりのコンセプトとして掲げ、5つの専門部会を設け取り組んでいくことにしました。
 「神野は一つ」を合言葉に、神野公民館を拠点に、自治会の垣根を越えて、神野小学校、成章中学校、PTAを含む地域で活動するすべての諸団体が緊密につながり、やがては個々の世帯同士のつながりとなり、日常生活で支えあう『ご近所づきあい』ができるようになるまで、この運動を推進していきたいと考えています。
 これからは校区の皆さんがこの運動に積極的に参加していただき、神野校区をみんなで支えあう幸せのまちにしていきましょう。



神野校区について

 佐賀市のほぼ中央に位置し、人口約1万1500人の校区です。
 佐賀市役所、佐賀市立図書館、アバンセ、JA会館、JR佐賀駅、バスセンターこれらは校区内にあります。
 また、JR佐賀駅周辺には金融機関など大手企業の支店が集中しており、佐賀鉄工所、江崎グリコ佐賀工場なども校区内です。
 このように、神野校区は行政・文化・経済・産業の重要な地域となっており、佐賀市躍動の中心となっています。
 多布施川、神野公園、掘江神社、銅像園など佐賀の歴史を振り返るとき見逃せないものが多数あり、神野小学校のほか中学、高校、各種学校など文教施設も充実した地域です。

konochiiki.png