巨勢:

朝日を浴びれば、生体リズムが整ってくる!

巨勢公民館

巨勢公民館

2月20日、中村政俊氏(佐賀大学名誉教授)を招き「睡眠と健康について」話を伺いました。睡眠について何らかの悩みを持つ日本人はなんと5人に1人。睡眠時間を海外と比較すると日本は2番目に短く、睡眠不足大国だそうです。また人間の生体リズムはもともと25時間で、無くなった1時間リセットするには朝日を浴びることだ大切だそうです。

生活リズム健康法(23項目)に加え、
1.昼間に15分程度の仮眠を取る(長すぎは禁物
2.床の中で眠りつくまで、腹式呼吸を続ける
3.口呼吸防止にサージカルテープを口元に貼る

を実践すると良い睡眠がとれ、健康の維持が期待されるそうです。先生は、10年ほど実践されているそうで、伺った年齢を疑うほど若々しく明朗であられました。受講生の皆さんが実践され、ますます健康であらんことを望みます。
IMG_2397.JPG