南川副:

和歌の世界観を楽しむ(恋する脳トレ 小倉百人一首)

南川副公民館

南川副公民館

 平成30年1月19日(金)連ちゃん先生こと小野寺連治先生を招き、恋する脳トレ 小倉百人一首を行いました。恋愛編では10首、季節編では13首を取り上げ、今回は、種別を問わず選んだ7首について意味や情景を学びました。その後今まで学んだ30首でカルタ大会(2人組で源平戦)を行いました。今まで聞いていたスマホアプリの音声に比べると連ちゃん先生の奏でる和歌は抑揚があり、とても味わい深く、我々を和歌の世界に誘ってくれるよう。「取り札は分かったけど連ちゃん先生の歌を聞いてから取った」と言う声が聞かれるほどでした。
 連ちゃん先生から文法や仮名文字などの説明があった後、みんなでお茶会をし、本年度の3回講座を振り返りました。「百人一首の奥深さに心ひかれた」「連ちゃん先生の説明を聞いていると高校生時代にタイムスリップしたようだ」「当時のときめきが蘇り気分が高揚する」「残りの和歌についても深く知りたい」など多くの意見が出てきました。
 読み、書き、ときめきが脳トレにつながるのではと始めたこの講座。でも連ちゃん先生の説明や話を聞くことで高校時代を思い出し、心が若返ったようだとの声もあり、予想以上の効果を得られたようでした。
百人一首③.jpg