西与賀:

「西与賀校区自主防災会本部」現地研修で東峰村へ

西与賀公民館

西与賀公民館

6月30日(土)あいにくの大雨でしたが、予定をしていた校区自主防災会本部主催の現地視察研修に、自主防災会メンバー30名で福岡県朝倉郡東峰村へ行きました。

途中、土砂降りでしたが、10時頃、東峰村に着く頃は雨も上がりました。この度、研修講師を引き受けていただいた、東峰村教育委員会の佐々木教育長さんから、一年前の豪雨による被害や避難所運営、今後の復興計画などお話を伺いました。

お話を伺ったあとは、実際に災害現場も案内していただきました。復旧工事中の川沿いや道路もありますが、不通になったままの日田彦山線、崩壊した山腹など被害の大きさと自然の怖さを改めて感じました。

あってはならない災害ですが、いざという時に、お互いに助け合い行動できるように、まずは日頃から地域住民同士よく知り合っていたい!と参加者皆さんと確認しました。

東峰村の佐々木教育長さんは、ちょうど一年前に、まだ東峰村公民館長をされていた時に、はるばる西与賀公民館の主催講座においでいただき、情報交換をさせていただいていました。
そのご縁もあり今回の訪問も快く受け入れていただき、感謝しています

 ※佐々木教育長さんからの講話

36378295_1651124125014723_8724966465410695168_n.jpg

IMG_7053.JPG

 ※崩壊した「ほうしゅ楽舎」36365852_1651124225014713_2404238261833695232_n.jpg※日田彦山線の筑前岩屋駅とトンネルの間は土石流で線路も寸断されたまま。36413106_1651124315014704_3946451723794513920_n.jpg※東峰村復興計画36391113_1651124441681358_8047555839709413376_n.jpg