新栄:

第3回 新栄ふれあいウォーキング(歴史探訪)を開催

杠

IMG_6153つなさが掲載参加者写真.JPGのサムネイル画像 新栄まちづくり協議会歴史文化部会では、平成28年度に3回の新栄ふれあいウォーキングを計画しております。これは、昨年、作成しました『新栄校区 ふれあい歴史マップ』に基づき、3コース設定した「歴史をたずねてウォーキング」の3コース目になります。今回は『長崎街道コース』を歩き、郷土の歴史に触れることができました。

 平成28年12月10日(土)、新栄公民館で事前勉強を開催。歴史マップ作成委員長の金子信二さんを講師に16名の方の参加を得て、一週間後に実施するウォーキングコース沿いにある史跡等の事前学習をしました。

 平成28年12月17日(土)、参加者21名は、「ふれあい歴史マップ」を手にし、金子信二さんの説明に熱心に耳を傾けながら新栄校区内にある史跡等を訪ね歩きました。約3時間の行程でしたが、天気にも恵まれ、改めて郷土の歴史を見直すと共にウオーキングを楽しむことができました。今回のウオーキングで訪ねた主な史跡は、天福院(村了和尚の墓、佐賀養老院の墓)、江藤新平の誕生地、高橋、八戸口番所、長安寺(刀匠・肥前忠吉の2代目から」9代目までの墓)、地蔵院、八戸城跡(八戸氏の居城)、八戸地蔵尊、えびす像、龍雲寺(山本常朝の墓碑、多久安輝の墓誌、多久・八戸家の墓碑)、久保薬局の屋根看板、枝梅酒造跡です。

IMG_2331つなさが掲載.JPG

IMG_6136つなさが掲載.JPGIMG_6140長安寺つなさが掲載.JPG

IMG_6153つなさが掲載参加者写真.JPG