「大きなのっぽのやや古い時計」、完全復活のようです

本庄公民館

本庄公民館

今年の夏の初めごろから停まっていた屋外の時計。ご心配をおかけしておりました。①内蔵バッテリーを交換、②バッテリーが記憶型(次第に充電容量を増していくタイプ)のため、停まっては調整して動かす、繰り返しました。秋が深まっていくこの頃、ようやく安定してくれているようです。
20191004133218-ee7fc243180c40a9ed9538105c56fed76efb3010.jpg