地域紹介

    ​ ​

久保田地域コミュニティについて

まちづくり協議会.jpg久保田地区では、年間を通しさまざまな行事・活動が行われています。それらをより充実させるために各種団体・クラブが、横のつながりを持って色々なアイディアを出し合い、協力できる体制づくりをする『久保田まちづくり協議会』を平成26年3月に立ち上げました。

【未来に輝け!心で結ぶ、思斉の郷】目標に掲げ、防災・防犯、ふれあい活動、自然環境、くぼた活性化、子ども育成、健康福祉の6つの部会で活動します。

久保田地域について

久保田町は、佐賀市の南西に位置し、南は有明海、東は嘉瀬川、西は福所江川に面し、東西2キロメートル、南北7キロメートルと南北に細長い地形です。人口は8,339人で、世帯数は2,851世帯(平成26年5月現在)です。主幹産業は、農業・漁業が中心で四季折々に、水田が広がったり、黄金の収穫時であったりと、一面の色が変わります。

香椎神社.pngまた、歴史では、安元3年(1177年)頃に藤原利常が香椎神社(快万地区)を建てたとされ、今でも春と秋に礼祭りが行われています。特に秋は、伝統芸能の浮立奉納が行われます。

そして、天明4年(1784年)村田政致が思斉館を創立され、校名の由来は、論語 里仁十七 見賢思斉から採られ住民は、"思斉"に誇りを持っています。