南川副:

前を向いて着実に歩を進めています!!(郷土力士 藤川維吹君)

南川副公民館

南川副公民館

 平成29年11月29日(水)今春川副中学校を卒業し、力士として鍛錬をつむ藤川維吹君(尾車部屋所属)が南川副小学校に来訪されました。現在は、力士として厳しい稽古を行いながら、同部屋の嘉風関(大分県出身)の付人としても頑張っています。
 力士を目指し始めたのは、小学校6年生の頃、父の勧めで将来を思い描くようになったそうです。中学校卒業時、強豪相撲部がある高校への進学も考えたが、出来るだけ早く勝負の世界に身を置きたいと入門を決意したそうです。
 一番大変なのはやはり毎朝の3時間稽古だそうで、部屋の中では夕食当番を担ったり、嘉風関の身の回りのお世話をしているそうです。中学校卒業時100kgだった体重が、8ケ月で120kgになったと言います。その体は、とても引き締まっており如何様な努力で体重を増やしているのかと驚かされました。
 夢は「幕内に行くこと」。16歳と思えないほど、凛々しい表情で答えてくれた藤川君。彼の夢に向かう姿を声援という形で後押ししていきたいものですね。
 郷土の誇りとなれ  頑張れ~藤川君 !!
藤川力士.jpg