諸富:

夏休みこども寺子屋「落ち着いて宿題にとりくみ隊」を開催しました!!

諸富町公民館

諸富町公民館

20170821094307.pdf ←こども寺子屋の様子

開催期間:7/31(月)~8/4(金) 5日間 10:00~12:30 ランチ付き

参加児童:のべ188名   スタッフ:のべ75名(内、中学生スタッフ14名)

公民館で、絵・ポスター、書道・かきかた、その他夏休みの宿題に取り組める環境をランチ付きで準備しました!!

 諸富町では、夏休み期間中に5日間、こども寺子屋を開催しました!!これは、諸富町公民館と諸富町青少年健全育成協議会が昨年から主催している事業で、諸富町のボランティア推進協議会や食生活改善推進協議会、まちづくり協議会の協力のもと、地域住民の皆さんと一緒に企画をしました。今年は、テーマを『子どもたちが、落ち着いて宿題に取り組める環境をつくる』として会議を重ね、スタッフの役割としては、細かい指導をすることよりも身を寄り添いながら見守ることに重点を置きました。当日は、諸富中学校の生徒ボランティアの協力もあり、参加児童達は楽しくも無事に宿題5日間を過ごすことができました。また、一食200円でランチを準備し、参加児童やスタッフが一緒に楽しく、おいしく食べました。子どもの居場所作りはもちろん、地域住民同士の異年齢交流も深まることで、地域コミュニティづくりの促進に貢献できた事業であったと思います。