部会紹介

●子育てしやすいまちづくり部会
「川上は子育てがしやすい」と皆様に思っていただき、校区外からも子育てのために移り住んでいただける校区にしたいと願って、活動を開始しました。
今年度は、まずは、通学路の一斉点検を行い、改善個所のリストアップと幟旗の掲旗など自らできる改善策を実施しました。
来年度は、公園の遊び場づくりなど就学前の子ども達のための活動を開始する予定です。

2-2長寿社会・ベネッセの会.JPG●住みよい長寿社会づくり部会

川上校区も高齢化が進んでいます。アンケート調査では「交通不便」と「お互いの助け合い組織」が要望されました。
そこで、現在、お手軽に買い物や通院ができる組織を作ろうと部会員が先進地を視察に訪れたり、すでに実施されている組織の方を招いて研究しています。
また一方で、各家庭の出入りされる業者の方を巻き込んだ、きめ細かい高齢者見守り隊を立ち上げるべく準備中です。

●環境に配慮したまちづくり部会
川上小学校の児童に「未来の川上」の作文を募集したところ、ゴミのポイ捨てが多い。ペットの糞の後始末が悪い。と厳しい内容が寄せられました。「これはいかん!」と部会員が立ち上がり、花苗の無償配布を始めたり、環境美化の川柳や標語の募集を行ったところ、素晴らしい作品が集まりました。部会では、これを屋外掲示用看板に加工して、各自治体に配布し、環境美化が必要な場所に立てる運動を行っています。

●安全・安心なまちづくり部会
まずは、昭和24年・28年の水害や山津波の災害写真を複製し皆様に見てもらいました。60歳以上の方は、当時の恐ろしさがよみがえり、早速、各自治体ごとの詳しい防災マップの作成に取りかかり、全世帯に配布が完了しました。
今年度からは、「自分たちの命や財産は自分たちの手で守ろう」と自主防災組織づくりを手がけています。

 ●川上の良さを活かしたまちおこし部会

「川上の良さ」といえば、豊かな大地から獲れる豊富な農産物、有明海から雲仙岳まで広がる眺望、それに古代から近世につながる遺跡の数々、これらを市民の皆様に知っていただくための「川上歴史散歩」を年間3回開催しております。
参加者からは、「来て良かった」「次回も来たい」「川上の良さがわかった」と好評で、今後ももっと充実させて続けていきたいと部会員一同張り切っております。


6-1農業部会・味噌づくり.JPG●農業の良さを活かしたまちおこし部会
川上は、豊かな大地に恵まれた農村地帯。米やみかん、菊やホウズキを始め多くの多種多様な花卉類などが生産されています。
先人から受け継いだこの豊かな大地をもっと利用し、生活に潤いを持たせようと昨年から「美味しい漬け物づくり講習会」が始まり、最近は味噌造りなど農産加工にも挑戦。また、有志で家庭菜園で獲れた農産物のレシピを紹介、家庭菜園向けの野菜苗の無料配布が始まりました。来春には、「やさしい野菜作り講習会」も計画されています。