~川上産~宮島の大鳥居 

川上公民館

川上公民館

10月10日(土)に池上エリアのフットパスに参加してきました。
フットパスの記事 ←ここをクリック

道中でスタッフから説明がありましたね。
広島県・厳島神社大鳥居の主柱根継に使われている、高岸邸の大楠の経緯が、川上校区公民館で見ることができるって。
公民館にあったかなあ?、なんて首を傾げていたけど...

〈あるよ

20201016135537-12e06ced8a7acafaadbea5b150f1bad086db319f.jpg20201016135529-680659c629d5ce870bf4d9504c3e4238a8754d81.jpg

歴史本やデータベースの中には、樹齢1000年以上の大楠で、鍋島村の村民からは「池上大楠」と親しまれ...なんてものも。
鍋島村?? 川上村じゃなく??...なのに、旧小城藩だったとな?? (*池上が小城藩だったのは本当です)
へんてこなものもありますが、歴史って、

〈実におもしろい


「なぜ、広島から遠い佐賀のが採用されたのか?」
当時を知っている"情報通"に話を聞いてみました。

大楠はあっても、まっすぐ立っている大楠は希少だから。」
なるほど。

おまけの話として、大楠が愛されていた当時の高岸家の愛娘の名前は、

楠枝(くすえ)


愛されてますねえ、出来すぎですね。
なお、他の4本の袖柱は杉で出来ているので、ある意味"出来杉"です。(おそ末さまでした)

何を隠そう、"情報通"は、楠枝さんの息子さんです。


厳島神社大鳥居に生まれ変わった現在の「池上大楠」
20201016113016-daaf9def866f769396bfa7f174832138fc6ded6f.jpg
興味がある方はお待ちしています。


20200402165433-1d443c889b5df549a5c8ddfcca8de5c8933bf87c.jpgstaff 〈事務〉
次回のフットパスは11月21日(土)@リバーサイドパーク(惣座橋そば)集合です