地域紹介

若楠校区について

若楠校区は、佐賀市文化会館・SAGAサンライズパーク総合体育館と清流多布施川に隣接し、文化、体育等に恵まれた環境にある地区です。

昭和40年代後半より高木瀬町が新興住宅地として人口が急増するに伴い、高木瀬小学校の分校計画が進められるようになりました。そして、昭和53年に高木瀬地区の南部約五分の二と神野地区の北西部の一部を校区として、「若楠小学校」が開校しました。

当時の校区は、神野北・若宮・城井樋・八丁畷・下高木・高木団地・高木瀬団地・県営高木団地(南・北)・公務員宿舎で10自治会組織となっていますが、ここに若楠という地名はなく、若楠小学校名が校区の名称となりました。

校区では、地域住民のふれあいと地域活動の活性化を目指しながら、様々な活動が実施されています。

SAGAサンライズパークがある若楠校区は、「若楠国体」以来、佐賀県では47年ぶりの開催となる2023年国民スポーツ大会佐賀大会に向けて、さらに変容・発展をしていくと思われます。