地域紹介

北川副校区について

北川副校区は、佐賀市の南東部に位置し、面積5.78平方キロメートルの東西に細長い地域です。20140107170726-0007.jpg
北に
佐賀江川、西に八田江川が流れるのどかな田園風景が広がる地域です。

北川副は、昭和35年は、人口5,600人だったのが、市営団地や宅地開発が進み、昭和60年頃には14,000人を超える大きな校区となりました。

現在の人口
は、12,376人、世帯数5,040世帯です(平成25年10月現在)。
校区内
には、小学校1校、中学校1校、高校1校があり、地域と学校との連携も目指しています。

ほんげんぎょう.JPG

南佐賀から諸富町まで続く旧国鉄佐賀線跡の「徐福サイクルロード」には、桜が植えられており、春の満開シーズンの『桜のトンネル』は、実に見事です。


校区各種団体の活動も活発な地域で、特に、「ふれあい冬まつり(ほんげんぎ
ょう)」、「ふれあい夏まつり」は、盛大に開催し、住民の交流の場となっています。