お知らせ

2019年度ニッセイ財団「実践的研究助成 (2)若手実践的課題研究助成」【6/15(土)消印有効】

2019年3月16日

概要

当当助成事業では、複雑で困難な社会状況の中で迎える「人生100年時代」を活力あふれる社会にするため、自助・互助・共助・公助が一体となって人々を支え合う社会の構築に資する、若手研究者・実践家の研究に対して、助成を行います。

助成対象事業

次の1~5を満たし、かつ、テーマに対する課題を明確にした、若手研究者・実践家による実践的課題研究
【助成期間:2019年10月より2年間】

  1. 研究者と実践家(※1)が協働して取り組める
  2. 実践活動をベースに、サービス開発やシステム・制度設計の提案、提言、マニュアルの作成、試行のフォローアップができる
  3. 研究手法が具体的に明示されている
  4. 研究結果が提案性・提言性に富み、開発された手法や提案・提言が実行性に優れ、成果の対象フィールドへの還元や他地域への波及が期待される
  5. 文献調査等の予備研究が終了している

テーマ(※2)

第1分野

いつまでも地域で高齢者が安心した生活が送れるまちづくり(地域包括ケアシステム)の推進

第2分野

人生100年時代の「高齢者の生きがい・自己実現・就業支援」

第3分野

「認知症の人が地域で安心した生活ができるまちづくり」

※1 社会福祉士、介護福祉士、看護師、理学療法士、保健師、臨床心理士等現場の職員

※2 詳細については「実践的研究助成対象分野・テーマ」(PDFファイル)をご確認ください

助成対象主体

研究者と実践家の双方が参画する、複数名の研究組織で、代表者が以下の要件を満たす研究者(※)または実践家

  • 2019年4月1日現在45歳未満である
  • 日本国内に居住している
  • 営利機関(企業)に所属していない
  • 過去に本財団の高齢社会実践的研究助成を受けていない

※助手も対象とする。ただし、2019年4月1日現在45歳未満であること。

助成内容

助成件数5件程度

1件あたり上限100万円

応募締切

2019年6月15日(土)当日消印有効

応募方法

HPより所定の申請書をタウンロードし、必要事項を記入のうえ、ご送付ください。

応募・問い合わせ先
公益財団法人日本生命財団 高齢社会助成 事務局
http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kourei/02.html
連絡先: TEL 06-6204-4013/FAX 06-6204-0120
〒541-0042 大阪市中央区今橋3-1-7 日本生命今橋ビル4F

施設利用カレンダー

2019年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

※日付をクリックしますと当日の施設案内が表示されます。

本日の施設利用案内

4F小会議室(4-A)
09-14 ミラクル子育て研究会(A+G) 
4F大会議室(4-G)
09-14 ミラクル子育て研究会(A+G)
18-21 佐賀市倫理法人会 
7F小会議室(7-B)
10-12 香の会(和紙ちぎり絵)
14-16 with color
18-21 百合の木の会 
7F小会議室(7-C)
12-15 ナラノンファミリーグループ
20-22 LDA国際交流 WCC 韓国 
7F中会議室(7-D)
09-12 佐賀県生涯学習インストラクターの会
19-21 日本体育大学佐賀県同窓会 
7F中会議室(7-E)
10-16 佐賀いのちを大切にする会 

アクセスマップ